2015年10月20日火曜日

根太打ち⇒サッシ取り付け。

根太とは、たびたび登場していますが、合板を貼る前の下地部材です。
一番上の縦に打たれているのが根太です。
横の受け材を大引きといいます。


根太が打たれると高さが確定し、サッシの枠が作られます。


その木枠にサッシの外枠が取り付けられます。


根太の下に大工さんがいます。
先ほど紹介した大引きの足元を固めています。


大引きは、基本的に柱から柱に横から刺さっており、金物で緊結されています。
その上に2か所、束という部材で支えます。
さらに基礎に埋め込まれたアンカーボルトに金物で足元を強化します。
スキップフロアならではの、一手間二手間が多いですね。