2015年10月9日金曜日

屋根下地の垂木打ち。

前回収めた母屋(もや)という横架材に対して、屋根勾配に沿うように垂木(たるき)という部材を打っていきます。


垂木が完了すると野地(のじ)という部材を打ちます。今回は合板になります。大工さんが、合板を敷いているのが見えます。

 

端はこんな感じです。

 
垂木の先になります。この先に鼻隠しという部材が垂直につけられ最後に樋が収まります。

 
この後の工程は、野地板⇒ルーフィング貼り(アスファルト系の屋根下地用防水材のこと。)と続きます。