2015年12月24日木曜日

1Fローカの軒天下地。

1Fのローカに軒天の下地が組まれています。この細く四角い木の部材を野縁(のふち)と呼んでいます。1寸3分の寸法から、寸三(すんさん)とも呼びます。


こちらも高さにはこだわりがあります。スキップルームの床に備えられている突き出し窓のすぐ上に天井が造られます。余りがなくすっきりしたデザインが狙いです。ここからローカの様子をそっと見られます。


端から軒天の仕上げ材を貼り始めていました。


入口から奥に見返しています。